2016年01月24日

DNA-SHARAKU

東京千秋楽の新国立劇場 中劇場で『DNA-SHARAKU』を鑑賞。

この物語の主題は「芸術に揺り動かされる日本人の心」なのかなと感じています。第二幕はこんなに泣かせられるとは思わなんだ。千秋楽の一枚しかチケット取ってなくて激しく後悔しました。楽曲も良くて、もう一度鑑賞したいです。

新妻聖子、坂元健児、中川晃教、藤岡正明という誰もが認める歌ウマのミュージカル俳優4人を揃えた本作は、ここぞという場面で巧くて上手い歌を聞かせてくれました。歌声が時に心に突き刺さり時に心に沁み通る、そんな耳福な満足感を味わえました。声質も四者四様、タイプは違えど聴くと胸が高鳴るような美声。この4人をよくぞ集めてくれました。

dna-sharaku.jpg
posted by チャンドゥ at 22:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。