2011年12月25日

ロッキーホラーショー@横浜KAAT

ティム・カリー様のフランクン・フルターこそ至高の私ですが、10年以上前に渋谷で見たRollyのフランクンも好きでした。そして今回は、古田新太フランクン。最もオドロオドロしいフランクンでございます。古田フルターは痩せたと聞いたけれど、やっぱりムッチムチだったね。

横浜公演の千秋楽でクリスマスの12月25日。古田フルターからは「クリスマスは家族と過ごす日だってぇのに、こんな舞台を見に来やがって、お前らよっぽどの事情があるんだナッ!お前らは皆おれ達の家族だぁーっ!」という暖かいお言葉をいただきました。

ロッキーホラーショーと言えば観客参加型ですが、前回観劇した時はRollyは熱演だったのに観客が冷めていてとても残念だった記憶があります。しかし今回は観客席も盛り上がっているらしいという噂を仕入れ、私もペンライトと観劇中に頭に被る新聞紙を準備して臨みました。でも新聞紙は英字新聞が入手できなかったので、浦安新聞でスミマセン。

野毛山動物園からの移動に思いのほか手間取り(直通できるバスの路線がないんだもん)、開演10分前に座席に到着すると、客席はポップコーン販売で凄い盛り上がりでした。客席で飲食禁止だというのに、ポップコーンが数箱単位で売れていく。しかも客席にコスプレ率高し!そして客席が盛り上がったまま、開演するのでした。もちろん客席参加率も高い!タイムワープで立って踊った人は半分以上いたと思う。ペンライトも色とりどり。ただし客席がペンライトを消すタイミングが今一つ合っていなかった。

その他に印象に残っている事。グリフィス・ちか嬢の乳スゲー。ミュージカル界のプリンセス、玲奈嬢はこんな舞台に出ていて芸歴的にどうなの?辛源さん、色んな意味で凄い。
CAST
フランクン・フルター博士:古田新太
リフ・ラフ:岡本健一
ジャネット・ワイズ:笹本玲奈
ブラッド・メイジャース:中村倫也
マジェンダ:グリフィス・ちか
コロンビア:ニーコ
スコット博士:右近健一
ロッキー:辛源
エディ:ROLLY
犯罪学者:藤木 孝
ファントムたち:飯野めぐみ、生尾佳子、JuNGLE、皆本麻帆
posted by チャンドゥ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。