2010年07月17日

はやく見たいな、三銃士

上演の噂は聞いていたけれど、遂に帝国劇場で三銃士をやることが決まりました。
我らがサカケンも出演が決まって、嬉しい限り。でもジェームズって誰?

公式サイト

2011年7月17日〜8月26日って、一年後やーん。以下は2ちゃん演劇スレに書き込まれていた、役に対する役者の傾向。

ダルタニアン (主役はれる若手男優)
ミレディ (歌って踊れる年増女優)
リシュリュー枢機卿 (歌える中年男優)
アトス (歌えてアクションができる中年男優)
アラミス (アクションができる美形青年男優)
ポルトス (ガテン系男優)
コンスタンス (歌える若手女優)
アンヌ王妃 (歌える年増女優k)
ルイ13世 (歌える男優)
ロシュフォール (アクション系男優)
バッキンガム公 (歌える男優)
ジェームズ (狂言回し)

一方、帝劇キャストは以下の通り。勝手にコメント付けてます。
ダルタニアン(井上ヨチオ):彼の主役はもう飽きました
ミレディ(元ヅカ男女):もうガッカリ。ヅカは東宝μに出ないで欲しい。
リシュリュー枢機卿(山口):ふーん…って感じ。
アトス(橋本さとし):三銃士の物語の中で私が一番好きな登場人物なんだけど、この人、ミュージカルの実績あるのも知っているけれど、見たことない。歌えるの?
アラミス(石井一孝):美形?もう少し若い役者が演じると思ってた。
ポルトス(きっしー):声も低くて太くて存在感あるし、ガテン系はある意味ナットク。でも私はポルトス役にサカケンを期待していた。私がサカケンに演じて欲しい役を、きっしーが演じることが多い。
コンスタンス(和音さん):上記のヅカ出るな発言を取り消します。娘役の歌ウマ歓迎。
アンヌ王妃(シルビアさん):彼女にミレディを毒々しく演じていただきたかった。
ルイ13世(こんこん):今さんがアラミスでも良かったかな。
ロシュフォール(吉野): 魅せてくれそう、アクションを。歌には多くを望んでいないからね。華麗な立ち回り期待。
バッキンガム公(伊藤明賢さん):お名前しか存じ上げません。
役者/ジェームズ(サカケン):原作にこんな登場人物いたっけ?少なくとも一曲は彼のバズーカを聴かせて欲しいんだけど。

追記:何となく読み飛ばしていたサカケンの「役者」という配役でしたが、この役はダルタニアン一行の旅の様子を歌で説明するのだそう。そう、歌で!
どうやらサカケンが歌で観客を魅了してくれそうな予感。

本場オランダ版でもジェームズと役者は同じ俳優が演じるのかなぁ。それとも舞台に立てば笑いが取れるサカケン、なお且つ客席を飲み込むような歌ウマのサカケンだから、帝劇版ではサカケン一人に二役を振ったのかしら。


posted by チャンドゥ at 14:06| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。