2011年11月28日

ゴスペラーズ2011ツアー「ハモリズム」@東京国際フォーラム ホールA

土日両日に参加したゴスペラーズ2011ツアー「ハモリズム」。ただし26日(土)は二階18列、27日(日)は一階2列ということで、二日目を中心に書きます。

ファンクラブに加入してちょうど11年になりますが、これまで突破できなかった20列目の壁を初めて乗り越え、何と2列目!チケットが届いた時からこの日を心待ちにしてきましたが、当日幕が上がったらそりゃあもう大惨事さ。

結論から言うとリーダーの声が、ファルセットだけ出なかったのです。それもライブ序盤のかなり早いうちから出なくなっていた。地声とファルセットを頻繁に切り替えて歌う『銀座カンカン娘(6曲目)』で「ああ喉を痛めてるわ」とハッキリ分かったけれど、その前から兆候はありました。

初めて至近距離でリーダーが歌う姿を目にして、
この人はあの素晴らしいファルセットをこんなに歯を食いしばって出すの?
全然ファルセットの声が聞こえないけれど、生声がここまで届かないだけでマイクには入っているのかな?
昨日とはハーモニーも違って聞こえるけれど、これも生声が聞こえる距離に居るから違うように聞こえるのかな?
と、私は???だらけになっていました。目の前で起こっている事が自分が初めて前方列になった故のことなんだと、ずっと自分に言い聞かせてた。

思えば昨日(一日目)も序盤でリーダーの声が出ていないなと感じました。しかしこの日は徐々に声が聞こえてきて、中盤の『見つめられない』のファルセットはバッチリだったので、単にスロースターターなんだなと思ってた。
恐らくリーダーの喉の不調は昨日もあったけれど、昨日は力技でねじふせてファルセットを出したのでしょう。昨日はそれでどうにかなったけれど、結果的に症状を悪化させてしまった。

国際フォーラムのホールAで歌う時、私も歌の先生から「この広さだからガナリに気を付けろ」と何度も言われました。実際、ステージに立って5000人収容の客席に向かって歌うと、魂を奪われたようになって制御が効かなくなるのです。
もちろんリーダーは私なんかのレベルとは全然違うけれど、一日目の国際フォーラムのステージに立った時、リミッターが外れて頑張りすぎたんだろうな。J-Popでハモリの代名詞みたいなゴスペラーズのリーダーで、しかも根は真面目(良い意味で真っ当な責任感があるということ)な人となりだもんな。

とにかくリーダーの高音が聴こえないので、いつもと違うハーモニーに聴こえたのも当然です。しかし地声は普通に出ているのに(終盤は地声も掠れ気味だったけれど)、ファルセットだけ出ないとはどういう事でしょう。結節などでなければいいのですが。私は風邪の時、地声は完全に出なくなってもファルセットだけは出ることが多いのですが、リーダーの、というか男性のファルセットはやっぱり特殊なんですかね。

それにしても、今日のリハの時は調子はどうだったのかしら。ゴスペラーズのリハは本番丸ごと一本分と聞きましたが、その時にファルセットはどの程度出ていたんだろう。リハの時点で不調があそこまで明らかだった場合、注射で一時的に声が出るようにするという選択肢もあったと思うけれど、やっぱりそれは禁じ手なのかな。あの、数時間だけ嘘のように声が復活するという、歌手やアナウンサーなどにとってのファイナルウェポン=声帯への注射。副作用で熱が出るらしい。でも正直なところファンとしては、そこまで強烈なドーピングをやるくらいなら公演延期して欲しいです。ドーピングは響声破笛丸までにしておいておくんなまし。

でもこの日リーダーが前代未聞の不調を抱えていたからといって、ライブの見どころが無くなったわけではありません。
私の中ではリーダーの不調より印象に残ったもの、黒沢薫の絶唱Lean on me。声の調子と気迫と技量と表現力と…、いやもう私ごときでは評価しきれるものではない、魂を奪われた歌唱でした。ブリッジ部分の最後のロングトーンが終わった時、私は何も考えず拍手をしていました。心からの称賛です。日曜日の黒ぽんのLean on meを聴けた事はゴスマニアとしてかけがえのない体験となりました。

更に直前のリーダーからの耳打ちでコール&レスポンスを代わった時の黒ぽんの動じない姿、表情を変えずに自然にコールを始める様子を間近で見て感心しました。他にもリーダーがファルセットで黒ぽんが下パートのユニゾンコーラスを直前の黒ぽんのゼスチャーでパートチェンジして歌った時の二人の集中した様子、リーダーがほとんど出てないファルセットで歌っている時に口元からマイクを少し離して音量をフォローする黒ぽん。彼らが20年以上共に歌って築き上げたものを見せて貰って、あらためてゴスペラーズに惚れ直しました。

この日の観客が書かれたブログでは、他の三人もそれぞれにリーダーのフォローをしていたそうですが、普段20列目より後が定位置でこの日初めて2列目だった私には彼らの何が普段と違っていたのかは判りませんでした。残念。黒ぽん以外もパートチェンジしていたそうですが、5声ハモリで誰がどの音を歌っているかなんていちいち把握していない私には聴き分けできませんでした。ただコーラスで時々「あれ?こんな音色だっけ?」と感じたところで、リーダーがハモリの積みを変えて歌っているっぽいなと感じた部分はありました。

あ、そうそう。『ひとり』でリーダーがファルセットで歌うところをオクターブ下げして歌った部分がありましたが、私はあれはフレディ・マーキュリーを思い起こしました。Queenはアルバムの完成度が高過ぎてライブで再現できないバンドの代表格で、フレディはライブではアルバムとは違う歌い方をしまくりでした。声が出ないなら無理にCDを再現せず、出せる音域でアレンジしまくって歌うのもアリだったのではないかしら。ライブでの楽曲の完成度を現すのは、CD再現率の高さではなく、その日その場の条件でどれだけベストに近い演奏を聴かせられたかどうかだと私は思います。そういう意味で、コンディションに合わせてハモリの積みを変えるのもアリでした。

あと10年待っても今回のような良席は当たらないかも知れないと思うと、今回は正直言って残念で堪らないのですが、いつかまた生声が聴こえる席でライブを楽しめることを願ってまだしばらくはゴスマニアを続けるつもりです。

最後の挨拶で
(以下、まだ続く)
posted by チャンドゥ at 15:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月08日

ダンスオブヴァンパイア製作発表

本日は11月27日から帝国劇場で上演される『ダンス オブ ヴァンパイア』の製作発表に行ってきました。

天井近くを飛ぶリー君達

某超一流ホテル二階孔雀の間にて催された今回の製作発表には5400通の応募があり、400人の日頃行いの良い人が当選してお城の舞踏会への招待状を頂きました。
受付を済ませ会場へ入る手前のエントランス天井には、10羽の吸血コウモリがバタバタと羽ばたいていました。目が赤く光っているのが見えますか。

会場は正面の雛段とその右に巨大スクリーン。なんというサービスの良さでしょう。

登壇者は向かって左から山崎、浦井、石川、山口、知念、高橋、“嘘つき演出家”山田氏 『皆のアイドル』リー君でした。
製作発表の模様は下のUstreamで見ることができます。








Video streaming by Ustream

歌はWアルフレードで一曲、Wアルフ&Wサラでもう一曲聴くことができました。
気になる新人二人の歌ですが、山崎はさすがの巧さ。巧さだけなら浦井より上だと思ったけれど、なぜか聴いていて心に響いたのは浦井の方だったという不思議。たぶん役の入り方の違いなんだろうね。

サラは高橋さんが意外と歌えていたと思う。声量がないと巷の評価のようですが、そうだった?本番での声量の不足はPAさんに頑張って貰うしかないですね。私としては音を外されるぐらいなら、声量がない方がマシ。ただし歌声が私の苦手な知念と近いアイドル声なのは残念。身近な手本が同役の先輩だからだとしたら、本番までにミュージカルの舞台における自分自身の歌い方を見つけて欲しい。サラ役が二人ともアイドル歌唱で選択肢が一つしかないのはダメでしょ。

山口&石川の両氏は「自分の役に向かって一言叫べ」というお題にマイクなしで応えていたけれど、500人以上の大きな会場の後ろまで地声でハッキリと聞こえたのはやはり流石としか言いようがない。

その後、銀ぶらしていたら…
posted by チャンドゥ at 22:04| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月05日

天守物語@新国立中劇場

白井晃演出の泉鏡花『天守物語』を鑑賞しました。

天守夫人   富姫:篠井英介
姫川図書之助   :平岡祐太
猪苗代亀の城 亀姫:奥村佳恵
奥女中     薄:江波杏子
朱の盤坊     :坂元健児
舌長姥      :田根楽子
近江之丞桃六   :小林勝也

一階席9列目までを潰して舞台を設えたため、二階席からは椅子の上に特製座布団を敷いての鑑賞になりました。

明治以降の日本文学を避けて生きて来たので、泉鏡花がどのような作品を世に出したのかも知りませんでした。そんな人間がどうしてこの作品のチケットを買ったのかと言えば、自分の好きなミュージカル俳優、サカケンが出演しているからです。
※本ブログ中のこの記事のカテゴリーがミュージカルになっていますが、この舞台はミュージカルではありません。

しかし自分の贔屓がまさか、地顔も判別できないような役柄だとは思いもよりませんでした。でも役としてはサカケンのキャラクターによく合っていて、カラッと明快で存在感のある役でした。この役にサカケンをキャスティングをした人、スゲェ。
「ぼろぼんぼろぼん」だっけ? ヤンヤヤンヤみたいなニュアンスの擬態語or擬音語なのかしら。

さて、(幕はなかったけれど)幕が開いてから愕然としたのが「科白の意味が判らない」。日本語が判らないんです。でも判らないのは仕方がないのでそこはスルーして、理解できる部分を聴き逃さないように集中集中。
するといつしか富姫の科白に引き込まれ、何という美しい言葉の連続なのかと訳もなく幸せな気分に。そして最大の山場「千歳百歳に唯一度、たった一度の恋だのに…」あたりでは思いがけず泣けてしまった。

篠井さんの着物の裾捌きが美しい! 向き直る度に裾が180度サラリと翻るその優雅さと言ったら! 科白の美しさと共にウットリさせていただきました。

でも、最後の最後にどうして獅子頭を彫った職人・桃六が突然現れたのですか? お陰でハッピーエンドで終われて見る方は凄く救われたけれど、頭の中は「???」でした。

休憩なしの二時間の公演、特製座布団のため足が下に付かず、太ももと臀部が強烈に疲れました。それでも舞台セットは幻想的で目新しくて、とても面白かったです。
お金があったら一階席でもう一度見たい舞台です。
posted by チャンドゥ at 22:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。